« 歯科衛生士募集 | | 小児歯科 »

歯科疾患

重い歯周病患者ほどメタボになりやすい?

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

こんな記事が読売新聞に載っていました。

重い歯周病を患う人ほど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になる確率の高いことが、滋賀県長浜市民約6000人に対する調査でわかった。

 成人の約8割がかかる「口の生活習慣病」と言われる歯周病とメタボとの関係を一般市民を対象にした大規模調査で明らかにしたのは全国で初めて。17日から広島市で開かれる日本口腔(こうくう)科学会で発表する。

 京都大医学研究科の別所和久教授らが実施。2009から10年度、40歳以上の長浜市民6627人(男性2170人、女性4457人)について歯周病の程度を「0から4」の5段階で評価し、腹囲などによるメタボ診断を行った。

 その結果、程度が「4」と最も重い歯周病患者でメタボの割合(男性21%、女性6%)は、歯周病でない人や「1から2」の軽い患者の数値(同16%、同3%)に比べて高かった。メタボになるリスクは、「4」の歯周病の男性で1・3倍、女性で1・5倍になるという。別所教授は、「歯周病になるとかむ力が落ち、栄養のバランスが崩れるためだろう」という。

最近何かと話題の歯周病ですが、口の中だけに留まらずに体全体に悪影響を及ぼしているんですね。

皆さんもお気をつけ下さい。

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

睡眠時無呼吸症候群とあごの大きさ

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

皆さん、睡眠はきちんと取れていますか?

「寝ている時息が止まっている」とか、「いびきが急に止まっている」などと言われたことはありませんか?

睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」は

睡眠不足だけでなく、糖尿病や高血圧、脳卒中や心臓病も引き起こすようです。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20100623.html

 

一般的に、肥満の人が起きやすいと思われていますが、

実は「ためしてがってん」の調査だと、43%が非肥満だったそうです。

そして、その場合の原因は「小さい顎」なのだそうです。

 

当院ではよく患者さんに

「あごは舌を入れるためにある」とお話していますが、

あごが小さいと舌が奥へ押しやられ、空気の通りが悪くなってしまうのだそうです。

 

前歯の歯並びがガタガタの場合は、顎が小さい場合が多いようです。

当院の矯正治療は、歯の生える土台を広げることで

成長の不足している状態を、本来の大きさに近づけることが出来ます。

以前は、「あごをおおきくすることなんて不可能」とか

「あごが大きくなったら顔までヘンになるのでは」

なんて言われていましたが、劣性長を改善していると思っていますし

実際に自分の子供にもやっていますが、ヘンな顔にもなっていません。

虫歯でもない歯を抜くのは歯医者としても忍びないし、

自分の子供であったらなおさらです。

歯並びだけを求めるのであれば、並ばない歯を抜く事に抵抗はあまりないと思いますが

私は、虫歯を削ったり、入れ歯を入れたりという治療も毎日行っています。

「ここに一本歯が残っていれば、入れ歯にならないのに」

と思うことも多々あります。

 

やっぱり、歯は大事だし、あごの成長は正常に近い方がいいと思います。

 

まあ、そんな気持ちで毎日診療をしています。

 

 

 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

奥歯も上手に磨きましょう。

 三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

萌出したての奥歯は、とてもむしばになりやすいのですが

ちょっと歯磨きをさぼったり、歯磨きしていても上手く出来ていないと

大変なことになってしまいます。

 

1.JPGのサムネール画像  

 

 

 

 

 

生えたてなのに大きな穴。

おそらく根の先はまだ出来ていないため

ここで神経を取ってしまうと、歯の成長が止まってしまい、予後が悪くなりがちです。

丁寧に虫歯をとります。

 

まえ.JPG

この場合、何とか神経を取らないで済んでいますが

将来痛みが出たら神経を取らねばなりません。

でも、少しでも、歯の根が成長するといいですね。

生えてきた奥歯はとても磨きにくいので、歯医者さんで磨き方を習ったり

ジュースやお菓子のだらだら食べをやめるといいでしょう。

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

セラミックの下の虫歯

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

虫歯は本当にいやですね。

毎日神経をすり減らして、治療をしています。

下の写真は、セラミックインレーです。数年前に入れたとのこと。

 

術前 .JPG

 

なんだか色が心配。そして横を見ると...穴があいていました。

 

術前  .JPG

 

 

 

 

はずしてみると、虫歯になっており

 

術後.JPG

 

 

 

 

 

 

ダイレクトボンディングで治療を行いました。

 

 

術後 2.JPG

 

 

 

 

 

 

金属の詰め物の方が長持ちしそうな症例ですが、患者様が白い歯を強く希望されたため

直接、硬度のあるプラスティックを詰める、ダイレクトボンディングを行いました。

セラミックと歯を接着するのは難しい?!

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

虫歯がこわい

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

最近、若い人の虫歯の治療が多く、ストレスいっぱいです。

私は歯をなるべく削りたくないし、銀の詰め物を入れるのもあまり好きではありません。

また、歯の成長途中に神経をとると、歯の成長が止まってしまうので

神経をとるのもいやです。

若い人の虫歯は、気がつかず、歯の中で大きく進行している場合が多く

小さい白い詰め物が可能でない場合も出てきます。

後のことまで考えて、どうしたら歯が長く残せるかを考えながら治療を進めます。

結局は、銀の詰め物を入れなくてはいけない時もあるし

神経をとらなくてはならない場合もあります。

そうしないと、どんどん歯がだめになるからです。

 

なので、患者さんには虫歯予防のため

毎日の歯磨きとフロスを必ずお願いします。

私たちももがんばりますので、協力お願いいたします。

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

歯の治療をしてもらいました。

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

先日から、しみる歯があって

何度か知覚過敏処置をしてきました。でもやっぱりしみてくる・・。

小さい金属の詰め物(大学時代の恩師に学生時代やってもらったところです)

が入っている歯です。視診でもレントゲンでも異常はなさそうですが

セメント自体が劣化している恐れがあるので(10年以上たっている)

思い切ってはずしてみることにしました。

 

結局虫歯ではなく、きれいな状態でした。

毎日歯磨きとフロスをやってるもんね!

と改めて自信を持ちました。

 

院長にやってもらったのですが

麻酔が全く痛くなかったので驚きました。

仮詰めの材料が、やはり刺激性があることと

麻酔が切れるのに4時間ぐらいかかること

が、分かりました。

教科書的には、今回の麻酔は2、3時間で切れると書いてあるんですが

個人差が大きいということでしょうか。

勉強になりました。

 

新しい金属の詰め物が早く入るといいな。

 

 

 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

マウスピース

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

 

就寝時や日中に歯ぎしりやくいしばりをされる方が結構多くいます。

これは決して珍しいことではなく、多かれ少なかれ皆さんがこの傾向があると言われています。

 

こういった傾向がある方の歯の治療は要注意です。

食事をしている時以外でも、常習的に強い力で食いしばっているので、

歯の寿命が短くなる傾向があります。

セラミックが欠けやすかったり、歯が割れてしまったり・・。

奥歯の歯茎が歯周病になりやすかったり、等です。

 

就寝時に歯ぎしり、食い縛りの傾向がある方はマウスピースが有効です。

ただ、最近の考え方では

顎関節症に対してはマウスピースは効果が少ない、という考え方なので、

歯を守る、という見かたで作成した方が良いのかもしれません。

 

また睡眠時無呼吸症候群の方は、夜間のマウスピースを入れると

無呼吸の症状が悪化することもありますので、注意が必要です。

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

「気圧の谷」と歯の不調

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

歯科専門の雑誌に面白い記事が載っていました。

「気圧の谷が近づくと、歯や歯茎が痛くなる」

そうです。

なるほど。そういえば私も先日台風が近づいてきた時

体がとても不調になりました。

めまいや頭痛が起こったのです。

以前も、起き上がれないほどのひどいめまいが起きたことがあるのですが

そういえば、そんな天気だったなあと思いだしました。

 

患者さんが痛みを訴えて集中する日もあります。

こんな時は、きっと天気も関係しているのでしょう。

 

何と、テルモ(株)で健康天気予報というものがあるらしので、チェックしてみました。

http://kenkotenki.jp/

こういう情報を配慮しながら、余分な治療をしないよう、気をつけることが必要ですね。

 

しかし、「この痛みはきっと気圧のせいでしょう」と言って、信じてくれる患者さんはいるのでしょうか?

ちょっと心配です。

 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

反対咬合が治りました。

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

 

小学校低学年で、反対咬合に気が付きました。

 

 

 

23.6.13.211.JPG

 

 

 

 

矯正治療を開始し

約5年、反対咬合も治り、叢生も改善して犬歯の萌出を待っています。

 

23.6.13.211後.JPG

 

 

 

 

この症例では、反対咬合だったことも分からないくらいですが

注意しなくてはならない反対咬合があります。

 

それは、骨格性の場合です。

もともと反対咬合で、矯正治療して治しても

思春期ごろに下顎の発育がスパークしますので

また、反対咬合になってしまいます。

本当に治したければ、外科的に骨を切る場合もあります。

この場合は難症例ですので、大学病院や矯正専門医で診てもらう方がいいと思います。

私は矯正専門医ではありません。

当院で行っている矯正治療は、患者さんにも術者にも簡便な方法です。

(勉強会にはきちんと通っています)

期間が長くかかったり、仕上がりがまあまあだったりしますが

完璧な歯並びを目指していない人も多いはず。

歯を抜かないで、虫歯になりにくいこの矯正は価値があると思っています。

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

小さい虫歯は放っておく?

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

子供の歯は大人の歯より虫歯になったら、進行がはやいことが多いようです。

小さい虫歯だから、様子を見たり

子供の歯を削るのがかわいそうだからと様子を見ていたりしていると

知らないうちに大きい虫歯になってしまいます。

 

他院で、シーラントを受けた大臼歯。 白いところがシーラント

 

 

23.6.13.2.JPG

 

 

 

 

 

 

黒い点々が見えますが、さわった感じは重症な虫歯ではなさそうです。

この症例では、他の歯が、入口は小さく、奥に深く大きい虫歯があったため

念のため治療をしてみました。

 

削ったところ、大きな虫歯が広がっていました。

虫歯検知液で、ピンクに染まっているところが虫歯です。

シーランとの下も虫歯が進行しています。

まだ、虫歯の入り口です。最終的にはもっと大きい虫歯でした。

 

23.6.13.211.JPG

 

 

 

 

 

私自身こんなに深いとは思いませんでした。

(レントゲンと視診、触診をしても、難しいです。)

 

 

とうとう神経まで出てしまいましたが、神経を保存する治療を行いました。

 

子供の虫歯治療はとても緊張します。

神経をとると、その歯の成長が止まってしまうからです。

ひどくなる前に、診てもらいましょう。

そして、治療する勇気も必要です。

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

睡眠時無呼吸症候群と矯正治療

三鷹市、ファミリー歯科医院の佐野真弘です。

 

昨日、睡眠歯科学会の研修会に参加してきました。

睡眠時無呼吸症候群(OSAS)は、最近テレビ等でも話題になっています。

 

寝ている時に呼吸が止まってしまう頻度が高くなると、睡眠障害はもちろんのこと

メタボリックシンドロームのような生活習慣病を引き起こしてしまう危険性も高くなる、と言われています。

 

OSASと歯科の分野は、一見あまり関連がないかのように思われますが、

実はそうではありません。

 

OSASは、例えば肥満など、様々な原因で起こるといわれています。

その中でも、解剖学的アンバランスで起こるものの中に、歯列不正が多く関係しているとも言われています。

歯並びが小さかったり、下顎が奥に引っ込んでいたりすると、気管が就寝時に圧迫されて

無呼吸を起こしやすくなるようです。

 

OSASの患者さんで不正咬合をもったかたに

矯正治療をするとOSASが改善した、という報告が数多くありました。

 

スリープスプリントのような口腔内装置を入れたり、歯並びを矯正する、

という歯科の分野が、全身の健康にも繋がっていく、という大変に興味深い知見です。

 

私も今、呼吸と脳との関連について、若干ですが研究をさせて頂いており、

来月にカナダで発表したいと思っています。

 

歯科の分野が全身にいろいろな影響を与えるということを世間に広めていきたいと思っています。

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

歯をぶつけた!

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

新しい環境に、大人も子供も慣れてきた頃だと思います。

子供たちはクラス替えもあり、新しい友達とも活発に遊んでいることでしょう。

そんな時、心配なことがあります。

ケガです。

学校から歯のけがで電話が来るとドキッとします。

もし、折れたり、抜けたりした場合

学校等では歯の保存液がありますので、歯を保存液に入れて

歯科医院へ行くようにして下さい。

もしないようなら、牛乳にひたしたり、ラップにくるんだりしましょう。

早めの処置がいいようです。

お気をつけ下さい。

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

歯科治療とレントゲン写真

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

歯医者さんでレントゲン写真をとっった方は多いと思います。

なぜ歯科医院は治療の際、レントゲン写真を撮るのでしょうか?

 

私は、レントゲン写真は山登りする時の地図のようなものだと思います。

知らない山を登るとき、遭難しないよう地図はとても役立ちます。

歯科治療も同じで直接目で見えないところを治療する事が多いので

レントゲン写真はとても役立ちます。

 

だからと言って、レントゲン写真だけ見れば何でも分かる訳ではありません。

お口の中の診査も併せて行うことが必要です。

それで、痛いところ、痛くなくても虫歯のところ、歯周病のところ

など、発見することができます。

 

当院はデジタルレントゲンですので

パノラマ(お口全体がうつるタイプ)でも0.02mシーベルトの被曝量で、

東京、ニューヨーク間の飛行機往復0.2mシーベルトの10分の一となります。

妊娠時の場合

放射線が胎児に対する影響は100mシーベルト以上ということですので

歯科用のレントゲン写真撮影はほとんど影響ないと思います。

 

親知らずが出来てきています。 CIMG1462.JPG

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

歯内療法専門医

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

 

先週になりますが、歯科医師会の学術講演がありました。

講師の先生は新宿区四谷で開業なされている澤田先生です。

澤田先生は歯内療法専門医としてクリニックをなされている先生です。

大学の先輩で、御一緒に研修会に一年通ったこともあります。

 

歯内療法とはいわゆる神経の歯の治療で、

虫歯が大きく神経がだめになってしまった場合の治療です。

 

もちろん保険適用で治療も可能ですが、

歯の神経というのは非常に複雑で難しい治療といわれています。

誰がやっても100%の成功率ではありません。

治療の予後が見込めない歯、困難な治療が予想される場合など

当院では澤田先生にご紹介する場合もあります。

 

患者さんにとって何がベストなのか?

ということをいつも考えながら相談するように

心がけています。

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

ブリッジは片方外れても分かりにくい?

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

この患者さんですが、ブリッジが噛むと違和感がある、ということで来院されました。

レントゲン写真を撮ってみると何と片方の歯がブリッジから外れてしまっている状態でした。

 

ブリッジという治療は、文字通り橋をかける治療ですが、

最低でも3本は差し歯がつながっている状態です。

場合によっては、5本とか6本とか長くつながっているブリッジもあります。

その中で1本外れてしまっていても、患者さんにとっては分かりにくい場合もあります。

そして気がつかないうちに外れてしまった歯がだめになってしまうこともあります。

ですから、取れてこなくてもきちんと歯医者さんに行ってチェックしてもらうとよいと思います。

 

この患者さんは結局だめになってしまった歯は抜いて、インプラントになりました。

23.2.5.2.JPG 23.2.5.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

受験生、がんばれ!

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

明日は2月1日。

受験の方も多いでしょう。

ここ数日、何名かの受験生が急患で来院しています。

幸い、激しい痛みの子はいませんが・・。

 

人は、ストレスがあるとくいしばることで、ストレスを発散させているそうです。

しかしそれも度が過ぎると、歯を痛めてしまうこともあるのです。

知覚過敏や歯の違和感のような不快症状が起きることがあります。

 

歯軋り、くいしばりしたい気持ちも分かりますが

リラックスして、歯と歯を合わせず、肩の力を抜いて試験に臨んで下さい。

そして受験が終わったら、早めに受診して、悪いところは治し

4月に向けて準備をしましょうね。

 

万全の体調で試験が受けられ、実力が出せますように。

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

永久歯が足りない子ども10人に1人

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

永久歯が足りない子ども10人に1人

だそうです。

歯の並ぶスペースが狭くなっている現代人にとっては

いいことなのでしょうか?

実は、当院の院長も永久歯が一本なく、乳歯がまだ残っています。(わざと残しているのですが)

患者さんでも50歳代で、永久歯がなく乳歯を残している人もいます。

再生医療もまだ実用化されていないので

ないものを追いかけないで

どうしたらベストか考えることが重要だと思います。

 

*乳歯を抜く前、レントゲンで永久歯があることを確認する

*どうせ生え換わる乳歯だと思わず、お手入れをきちんとし

  虫歯にならないようにする

*矯正治療をするときは、総合的に考える

等の配慮が必要です。

 

永久歯が足りなくてがっかりしている方も多いと思いますが

前向きに考えましょう!

 

DSC02348.JPG

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

古くて新しい病気 病巣感染

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

病巣感染というのをみなさんはご存知でしょうか?

「身体のどこかに限局した慢性感染病巣(原病巣)があって、それ自体は無症状か軽微な症状を呈するに過ぎないが、しかしこれが原因になって原病巣とは直接関係のない遠隔の諸臓器に反応性の器質的あるいは機能性の障害を起こす病像、いわゆる二次疾患をさす」と病巣感染は定義されています。

簡単に言うと、どこかに感染巣があって、それがもとで感染巣とは関係がないところに病気が生じるということです。

病巣感染の好発部位は扁桃、副鼻腔、鼻咽腔、および歯科領域です。

これらの場所は私たち人間にとり空気と食物の入り口に位置し、病原菌などの抗原に最も暴露され易い部位です。

心疾患、腎疾患、胆嚢炎、消化性潰瘍などの内臓疾患から関節炎、皮膚炎、神経疾患に至る広範な疾患に病巣感染症の概念があてはまると考えられています。

 (IgA腎症根治治療ネットワークのホームページより引用)

このように口の中というのは全身とも密接な関係にあります。

「痛くないからいいや」とか「歯が悪くても死にやしない」というように思わずに

積極的にお口の中に関心を持ってもらいたいと思います。

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

食欲の秋 あれも食べたい これも食べたい

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

少し過ごしやすくなってきましたね。

そうなると、食欲がモリモリでてきます。

 

こんな時、歯が痛かったり、

お口の中で気になるところがあって

安心して食べられないと、本当に悲しい気分になってしまいます。

 

気になるところは早めに治しましょうね。

 

また、人間の欲の中で

年をとっても最後まで残るものは

「食欲」です。

今若い方も、将来の事を考えて、歯を大切にしていきましょう。

 

 

DSC00025.JPG 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

歯科疾患

虫歯になりにくい人は歯周病になりやすい?

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

「昔から、歯が丈夫で、歯医者さんにかかったことがない」人って、いますよね。

プロの目からすれば、そういう人ほど、歯科医院に来た時に

大変な事になっている事が多くあります。

 

歯が丈夫=虫歯になりにくい

      ⇒歯磨きを頑張らなくても大丈夫だった

      ⇒今でも、歯磨きは上手ではない

また、

虫歯になりにくい⇒虫歯のばい菌が口の中に住みにくい環境

          ⇒歯周病菌が多い可能性あり

ということが、言われています。

 

すなわち、歯周病の発見が遅れがちになるため

歯には傷一つないのに、歯周病で抜けちゃった

ということもありえるのです。

 

歯の丈夫な皆さん。

安心しないで、歯医者さんで検診ととレントゲン検査を受けて下さい。

歯周病は最初は痛みがなく、知らない間に進行しがちです。

アラフォー過ぎたら要注意です。

 

DVC00224.JPG

 

 

 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る