« 小児歯科 | | 暮らし »

審美歯科

ほんの少しの矯正で。

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

本日、ご紹介するのは

前歯が重なっていたため、歯周病になり、右上の真ん中から二番目の歯が

抜歯になった症例です。

 

 

まえ.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

真ん中の歯も傾きがひどく、

このまま削ってブリッジにするには、神経を取らなければならないほどです。

そこで、ほんの少しだけ、矯正治療をしました。

 

CIMG3056.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

そして、ブリッジが入りました。

初めのころと比べると、とても美しくなりました。

今後は、歯周病の管理が必要になります。

せっかくきれいになったので

長く使えるようにメンテナンスしていきましょう。

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

セラミックインレー

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日、セラミックインレーのケースがありました。

はじめて来院された時は虫歯が大きく、症状もありましたので、

止むを得ず神経の治療となりました。

 

そして神経の治療が終わりまして上に被せる段階になって

白い歯を御希望なさいましたので、セラミックインレーをおすすめいたしました。

 

本来でしたらゴールドインレーをお勧めしたいところですが、

セラミックでも良しとしたのは、

まず虫歯のために歯の多くの部分が欠損していたこと、

その結果セラミックの厚みが確保できたこと、

強い歯軋り・食い縛りの常習者ではなかったこと、

見た目を重要視していたこと、

等が挙げられます。

 

ただセラミック系の材料は必ず破折するリスクがありますので、

特に奥歯に入れる場合は要注意です。

何とか綺麗に仕上がったと思っています。

 

22.11.9.JPG 22.11.9.2.JPG 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

ダイレクトボンディング

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

梅雨が明けて猛暑が日々続いておりますが、

皆さま体調を崩さないようくれぐれも御留意頂きたいと思います。

 

本日はダイレクトボンディングのケースが多々ありました。

ダイレクトボンディングは基本的には1回ですべての処置が終了いたしますが、

その代わりに治療時間がどうしても長めになってしまいます。

1回がだいたい1時間前後でしょうか?

中にはずっと口を開いているのがつらい、と仰る方もいますが、

やはり1回で終わるのが良い、という方もいらっしゃいます。

最近ケースとしては増えていく傾向にあります。

セラミックより遥かに少ない歯の削除量、1回での治療完了、材質の向上による耐久性など

メリットは多いと思っています。それぞれ術前が左、術後が右です。

 

22.7.23.2.JPG 22.7.23.1.JPG

22.7.23.3.JPG 22.7.23.4.JPG

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

左上フロス時疼痛

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

この患者さんですが、歯と歯の間にフロスを通すとお痛みがある、ということで来院されました。

精査してみると、外観上は全く見えないのですが、レントゲン上では大きな虫歯がありました。

虫歯がすでに神経までギリギリまで達しており、神経の治療になる可能性も併せて説明し

治療を開始しました。

幸い、神経の治療を避けることが出来ましたので、ダイレクトボンディングで対応いたしました。

年齢的にも若い方だったので、神経を温存することが出来てとても良かったと思っております。

22.4.7.2.JPG 22.4.7.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

部分的な矯正治療

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

 

今回は、部分的に歯並びを改善した症例についてお話します。

この方は、もともと左上犬歯が八重歯の状態になっていました。

 

犬歯の二本後ろの歯が割れて、抜く事になってしまったので、

「さあ、どうしよう。」ということになりました。

矯正という方法がなければ、そのまま前後を削ってブリッジとするか、

もしくはインプラント、または取り外しの義歯(入れ歯)ということになってきます。

 

この方は、抜いて余ったスペースがありましたので

そこに歯を移動させて、八重歯を治すことになりました。

左が術前 右が術後です。

CIMG1165.JPG

 

 

 

22.3.12.JPG

 

術前です。 犬歯がとびだしています。

22.3.12.2.JPG

術後です。犬歯が整い、隙間も埋まりました。

残った隙間は、前後の冠の大きさを整えてなくしました。

 

 

 

今までは犬歯のところの口唇が出ていましたが

犬歯が整ったことで、口元の表情も良くなりました。

 取り外しの装置で改善でき、しかも今まで使っていなかった歯を最大限に

活用することが出来、患者様にも喜んでいただけました。

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

セラミックインレー

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日、奥歯のセラミックインレーのケースがありました。

患者さんは審美的な回復を目的とされて治療することになりました。

 

本来奥歯は噛む力が強くかかりやすい場所なので、

食い縛りや歯軋りがある方などは適応ではない場合が多いです。

また、セラミックの厚みが取れないケース等も

セラミックの破折の危険性があるので注意が必要です。

 

この方は幸い歯軋り等の癖もなく、

以前に詰めていた金属が厚く神経までの距離も十分にあったので、

セラミックを選択しました。

 

大変喜んで頂きましたが全ての場合にセラミックが適応になる訳ではありません。

担当医とよく相談されることをお勧めいたします。

 

最近はone day treatment 等と謳って

セラミックのブロックから削り出し、一回の治療でセラミックを どこの場所にでも入れてしまう

という話も聞きます。

あたかもセラミックが全ての場合において最良の治療であるかのように思われますが、

私は決してそうではないと思っています。

必然的に歯を削る量も多くなる場合もあると思いますし、

噛み合わせの反対側の歯を痛めることも有ります。

  22.3.10.JPG 22.3.10.2.JPG

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

左下小臼歯審美障害

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

この患者さんは今現在、矯正治療中の方です。

そちらの方も順調に進んでいるのですが、何年か前にその隣の歯をダイレクトボンディングをしました。

それが気に入って頂いたようで、今回の歯も処置することになりました。

この歯は前から見てかなり目立ちやすい位置にありましたので、

審美的にも改善することが出来て良かったと思っております。

22.2.20.2.JPG 22.2.20.JPG

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

上前歯3本外傷により破折→治療終了

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

転倒し、前歯を3本折ってしまった患者さんです。

10年近く前に当院で治療したオールセラミッククラウンが2本入っていたのですが、

内部のファイバーコアごとポッキリ折れてしまっていました。

隣の天然歯も真横に折れて神経が剥き出しになっている状態でした。

幸い精査した時点では、歯根には破折は認められなかったので、何とか3本ジルコニアフレームのオールセラミッククラウンにて治療することが出来ました。

ただ予後については今後も注意深く経過を追っていくつもりです。

また元通り(?)になって大変喜んで下さいましたが、相当にショックだったらしく、階段などの段差が怖い!と仰っておりました・・・。

CIMG0935.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

左上治療希望

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

他院にて治療中の患者さんが来院されました。

左上の歯を治療中とのこと、すでに削ってあって型を取るだけの状態だ、とのこと。

金属の詰め物かセラミックの詰め物しかないとドクターより言われて迷っていらっしゃるようでした。

一般的にはそれはそれで正解だと思います。

ただセラミックならもっと削らないといけないと言われていたようです。

この患者さんは若く、神経がまだ大きいので削りすぎると神経が出てしまう危険性がありました。

咬み合わせをチェックしたところ、非常に強大な力がかかるところではないと判断しダイレクトボンディングをお勧めしたところ快諾していただけました。

実際に前の古いセメントを除去してみるとすでに神経が出てしまっていて、なんとかきちんと対処し、ダイレクトボンディングで対応することができました。

22.1.19.2.JPG  22.1.19.JPG

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

上前歯審美障害

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

前々より上の前歯の審美障害を訴えられておられた患者さんの治療を行いました。

前歯のうち2本は昔に神経の治療が施されており変色も著しく内部も虫歯になっておりました。

このためにこれらはファイバーコアとジルコニアフレームのオールセラミッククラウンで対応することにいたしました。

それ以外の歯はホワイトニングで対応いたしました。

これで随分口元が明るくなり、笑顔がきれいになったと思います。

   

21.11.27.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

21.11.27.2.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

セラミックのメリット、デメリット

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

セラミックという材料は我々の業界では良く使用する材料です。

長時間の使用にも耐え得る耐久性、長時間の使用でも変色しない安定性、自分の歯と見分けがつかないくらいキレイに仕上げることのできる審美性、表面に汚れがつかない清潔性など・・。

金属アレルギーの心配も有りません。

どれをとっても確かに良い材料だと思います。当院でも日常的によく使用します。

ただ何でもそうですが、メリットとデメリットを良く理解しておかなければいけません。

セラミックにもデメリットはあります。

まずセラミックは非常に固い素材である、ということです。固いということはメリットでもありますし、逆にデメリットにもなり得ます。

固すぎて噛み合わせの反対側の歯を痛めてしまうことがあります。

特に奥歯であるとか、歯軋りや噛み締め、食い縛りの傾向がある方などは噛む力が非常に強く、相手の歯を痛めてしまったり、セラミックを入れた歯が壊れてしまうことがあります。

またセラミックという素材は固い半面、脆いという性質を併せ持っています。

要するに欠け易い、ということです。

セラミックが欠けた、ということは聞いたことがあるかもしれませんが、それを補うためにはセラミックの厚さを厚くしなければなりません。

そしてそのためには歯をより多く削らないといけないのです。

それだけの厚みが確保できるケースであれば良いのですが、それが難しい場合はセラミックは向いていない、ということになります。

さらに、セラミックは加工しにくい、というデメリットもあります。加工しにくい、ということは詰め物、被せ物の精度を合わせるのが難しい、ということです。ただ最近は以前に比べるとかなり改善されているようです。

精度が悪いと歯との境い目に隙間が空いている、ということですから、虫歯になりやすくなります。

ですからセラミックの内面を金属にしたり、ジルコニアにしたりして対応するわけです。

ちなみに当院のオールセラミックは内面はジルコニアのフレームで作成しております。

巷では一回の治療で終わるというのが売りのセラミックの治療もあるようです。カメラで写真を撮り(光学印象)、PCを使用し、セラミックのブロックから削りだして削ったその日にセラミックをセットして終わり、というものです。

大変素晴らしい治療法だとは思いますが、現在では精度の面で問題があるといわれています。

デモで拝見したことがありますし、知り合いの先生のところで導入されておられ話をききますが、もうちょっと技術が進歩してからなのかな?とも思います。

何はともあれセラミックが最良の方法である、ということではなくて、その患者さんによって治療法というのは変わるべきものであり、柔軟に対応すべき、というのが私の考えです。

21.11.7.JPG

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

右上虫歯治療

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日右上の小臼歯2本が大きな虫歯だった患者さんの治療が終了いたしました。

21.11.2.JPG

 

 

 

 

 

 

かなり大きな虫歯でした。両方とも神経の治療になる可能性をお話して治療を進めました。

幸い奥の方の歯は何とか神経の治療を免れる事が出来たのでよかったと思います。

ハイブリッドセラミックインレーを装着し終了となりました。

この方はまだまだ他も悪いところがあるので治療は続いています。

21.11.2.2.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

前歯審美障害

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日上の前歯が欠けてしまっている患者さんがお見えになりました。

他院にてダイレクトボンディングでないとだめだ、と言われHPを御覧になって当院に来院されました。

拝見したところ、通常の保険適応のレジンでも可能かとは思いましたが、その旨も併せて相談したところ、やはりダイレクトボンディングを希望なさいました。

CIMG0307.JPG CIMG0311.JPG

この方は色を3、4色使い分けて積層充填しました。自然な感じで仕上げることが出来たと思います。

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

上前歯審美障害

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

上顎前歯の審美障害の方の治療が終了いたしました。若い方ですが、昔に神経の治療を受けておられたために変色してしまっていた症例でした。

なるべく削らずにすめばそれに越したことはないですが、ここまで変色が強いと審美的な障害を克服するために削って被せなければいけないと思います。ホワイトニングでは対応できません。

せっかく治療したのですから長持ちさせるためにもメンテナンスに通ってくださいね。

よろしくお願いいたします。

21.10.8.JPG CIMG0252.JPG

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

ノンクラスプデンチャー

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日、右上小臼歯部欠損の患者さんのノンクラスプデンチャーをセットいたしました。

他医からの転院の患者さんですが、当初はブリッジ(?)の様な仮歯が入っていてまだ治療途中でした。

インプラントなどの選択肢も踏まえて相談しましたが、結局は「義歯で、」ということになり、ただバネが見えるのがイヤ、ということだったのでノンクラスプデンチャーになりました。

確かに前歯部にバネがかかるとかなり目立ちます。この方は人前で話すお仕事のようでやはり自然な感じでの仕上がりを希望されていました。

最近、ノンクラスプデンチャーはいろいろ話題になっていますが、いい面もあれば、ちょっと扱いにくい面もあると思います。よく先生と相談されてから選択されると良いと思います。

05190002.JPG 05190004.JPG 05190003.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

下顎前歯審美障害

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

下顎の前歯の審美障害を訴えられていました患者さんの治療が終了いたしました。

21.8.9.JPG 05160006.JPG

審美的な問題の他にも歯の破折、虫歯、歯周病など様々な問題を抱えておりました。

この方は上の歯よりも下の歯が見えやすいタイプの方で今までずっと気になっていた、ということでした。

きれいな歯になりますと、みなさん表情もパッと明るくなりますね。

皆さんのお口の中の問題解決のために少しでもお手伝いできれば、と思っております。

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

二次カリエス

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

以前に詰めた詰め物の下から虫歯になることを二次カリエスと言います。

例えば下の写真のように金属の詰め物が装着されていますが、一見すると問題ないように思われます。

21.8.1.2.JPG

 

 

 

 

 

 

ですが、実際は詰め物の下の部分が隙間が空いてしまっていて、内部が虫歯になってしまっていました。

21.8.1.1.JPG 

 

 

 

 

 

 

詰め物が歯にぴったり合っていなかったり、古くてセメントが溶けてしまったりして隙間が空く場合と、患者さん本人のブラッシング環境が悪かったりすると、二次カリエスが発生します。

すでに一度削ってしまっているので、結果的に深い場所に虫歯が進行しやすいので注意が必要です。

やはり定期的なチェックとメンテナンスが必要であると考えられます。この方はダイレクトボンディングで対応いたしました。審美的にも満足していただけました。

21.8.1.3.JPG

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

ダイレクトボンディング

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

梅雨が明けたのにパッとしない天気が続いていますね。

急にザーッと降ったかと思うとやんで晴れ間が見えたり、またザーっと降ったりして・・・。

さて、今回はダイレクトボンディングの症例です。

この方はとても虫歯が大きくて神経を取らなければいけない可能性がありました。実際治療してみると幸い虫歯は神経にまでは達していなかったので、ダイレクトボンディングを選択いたしました。

21.7.19.2.JPG 21.7.19.JPG

 

 

 

 

 もしこの歯を金属で修復しようとすると、ほとんど金属でカバーしなければいけないくらいの状態ですが、必要最小限の侵襲で、しかも審美的に修復出来たことは良かったと思っています。

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

左上前歯審美障害

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

昔に入れた古い差し歯の見た目が悪い、ということで治療を進めてきた患者さんです。

結果的には内部もいろいろ悪い状態ですべて一からやり直しました。神経の治療もやり直しています。正中線も少し左にずれていましたので、修正してい ます。ひとたび手をつけるとあれも、これも、ということになってしまい、時間がかかってしまいましたが、結果的には満足していただけました。

古い治療だと予想している以上に悪いこともあるので、ある程度予測することはできますが、実際のところ、手をつけてみないと分からない場合もあります。

21.6.30.2.JPG 21.6.30.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る

 

審美歯科

左下審美障害

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日、メタルインレーが外れてしまった患者さんが来院されました。

取れてしまった物はなく、新しい治療が必要になります。この方は以前から審美障害を訴えられており、メタルフリーの治療を御希望なされましたので、歯質削除量の少ないダイレクトボンディングを選択いたしました。下記のように自然に修復することができました。


216.22.JPG 216.222.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

ページのトップに戻る