審美歯科

ほんの少しの矯正で。

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

本日、ご紹介するのは

前歯が重なっていたため、歯周病になり、右上の真ん中から二番目の歯が

抜歯になった症例です。

 

 


まえ.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

真ん中の歯も傾きがひどく、

このまま削ってブリッジにするには、神経を取らなければならないほどです。

そこで、ほんの少しだけ、矯正治療をしました。

 


CIMG3056.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

そして、ブリッジが入りました。

初めのころと比べると、とても美しくなりました。

今後は、歯周病の管理が必要になります。

せっかくきれいになったので

長く使えるようにメンテナンスしていきましょう。

 

 

 

カテゴリー:審美歯科 ,矯正  投稿日:2010年12月14日

セラミックインレー

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日、セラミックインレーのケースがありました。

はじめて来院された時は虫歯が大きく、症状もありましたので、

止むを得ず神経の治療となりました。

 

そして神経の治療が終わりまして上に被せる段階になって

白い歯を御希望なさいましたので、セラミックインレーをおすすめいたしました。

 

本来でしたらゴールドインレーをお勧めしたいところですが、

セラミックでも良しとしたのは、

まず虫歯のために歯の多くの部分が欠損していたこと、

その結果セラミックの厚みが確保できたこと、

強い歯軋り・食い縛りの常習者ではなかったこと、

見た目を重要視していたこと、

等が挙げられます。

 

ただセラミック系の材料は必ず破折するリスクがありますので、

特に奥歯に入れる場合は要注意です。

何とか綺麗に仕上がったと思っています。

 

22.11.9.JPG
22.11.9.2.JPG 

 

 

 

 

カテゴリー:審美歯科  投稿日:2010年11月10日

ダイレクトボンディング

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

梅雨が明けて猛暑が日々続いておりますが、

皆さま体調を崩さないようくれぐれも御留意頂きたいと思います。

 

本日はダイレクトボンディングのケースが多々ありました。

ダイレクトボンディングは基本的には1回ですべての処置が終了いたしますが、

その代わりに治療時間がどうしても長めになってしまいます。

1回がだいたい1時間前後でしょうか?

中にはずっと口を開いているのがつらい、と仰る方もいますが、

やはり1回で終わるのが良い、という方もいらっしゃいます。

最近ケースとしては増えていく傾向にあります。

セラミックより遥かに少ない歯の削除量、1回での治療完了、材質の向上による耐久性など

メリットは多いと思っています。それぞれ術前が左、術後が右です。

 

22.7.23.2.JPG
22.7.23.1.JPG

22.7.23.3.JPG
22.7.23.4.JPG

 

 

カテゴリー:審美歯科  投稿日:2010年7月24日

左上フロス時疼痛

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

この患者さんですが、歯と歯の間にフロスを通すとお痛みがある、ということで来院されました。

精査してみると、外観上は全く見えないのですが、レントゲン上では大きな虫歯がありました。

虫歯がすでに神経までギリギリまで達しており、神経の治療になる可能性も併せて説明し

治療を開始しました。

幸い、神経の治療を避けることが出来ましたので、ダイレクトボンディングで対応いたしました。

年齢的にも若い方だったので、神経を温存することが出来てとても良かったと思っております。

22.4.7.2.JPG
22.4.7.JPG

カテゴリー:審美歯科 ,歯科疾患  投稿日:2010年4月6日

部分的な矯正治療

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

 

今回は、部分的に歯並びを改善した症例についてお話します。

この方は、もともと左上犬歯が八重歯の状態になっていました。

 

犬歯の二本後ろの歯が割れて、抜く事になってしまったので、

「さあ、どうしよう。」ということになりました。

矯正という方法がなければ、そのまま前後を削ってブリッジとするか、

もしくはインプラント、または取り外しの義歯(入れ歯)ということになってきます。

 

この方は、抜いて余ったスペースがありましたので

そこに歯を移動させて、八重歯を治すことになりました。

左が術前 右が術後です。

CIMG1165.JPG

 

 

 

22.3.12.JPG

 

術前です。 犬歯がとびだしています。

22.3.12.2.JPG

術後です。犬歯が整い、隙間も埋まりました。

残った隙間は、前後の冠の大きさを整えてなくしました。

 

 

 

今までは犬歯のところの口唇が出ていましたが

犬歯が整ったことで、口元の表情も良くなりました。

 取り外しの装置で改善でき、しかも今まで使っていなかった歯を最大限に

活用することが出来、患者様にも喜んでいただけました。

 

 

カテゴリー:審美歯科 ,矯正  投稿日:2010年3月12日

セラミックインレー

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日、奥歯のセラミックインレーのケースがありました。

患者さんは審美的な回復を目的とされて治療することになりました。

 

本来奥歯は噛む力が強くかかりやすい場所なので、

食い縛りや歯軋りがある方などは適応ではない場合が多いです。

また、セラミックの厚みが取れないケース等も

セラミックの破折の危険性があるので注意が必要です。

 

この方は幸い歯軋り等の癖もなく、

以前に詰めていた金属が厚く神経までの距離も十分にあったので、

セラミックを選択しました。

 

大変喜んで頂きましたが全ての場合にセラミックが適応になる訳ではありません。

担当医とよく相談されることをお勧めいたします。

 

最近はone day treatment 等と謳って

セラミックのブロックから削り出し、一回の治療でセラミックを どこの場所にでも入れてしまう

という話も聞きます。

あたかもセラミックが全ての場合において最良の治療であるかのように思われますが、

私は決してそうではないと思っています。

必然的に歯を削る量も多くなる場合もあると思いますし、

噛み合わせの反対側の歯を痛めることも有ります。

 
22.3.10.JPG
22.3.10.2.JPG

 

カテゴリー:審美歯科  投稿日:2010年3月12日

左下小臼歯審美障害

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

この患者さんは今現在、矯正治療中の方です。

そちらの方も順調に進んでいるのですが、何年か前にその隣の歯をダイレクトボンディングをしました。

それが気に入って頂いたようで、今回の歯も処置することになりました。

この歯は前から見てかなり目立ちやすい位置にありましたので、

審美的にも改善することが出来て良かったと思っております。

22.2.20.2.JPG
22.2.20.JPG

 

カテゴリー:審美歯科  投稿日:2010年2月20日

上前歯3本外傷により破折→治療終了

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

転倒し、前歯を3本折ってしまった患者さんです。

10年近く前に当院で治療したオールセラミッククラウンが2本入っていたのですが、

内部のファイバーコアごとポッキリ折れてしまっていました。

隣の天然歯も真横に折れて神経が剥き出しになっている状態でした。

幸い精査した時点では、歯根には破折は認められなかったので、何とか3本ジルコニアフレームのオールセラミッククラウンにて治療することが出来ました。

ただ予後については今後も注意深く経過を追っていくつもりです。

また元通り(?)になって大変喜んで下さいましたが、相当にショックだったらしく、階段などの段差が怖い!と仰っておりました・・・。

CIMG0935.JPG

カテゴリー:審美歯科  投稿日:2010年2月12日

左上治療希望


三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

他院にて治療中の患者さんが来院されました。

左上の歯を治療中とのこと、すでに削ってあって型を取るだけの状態だ、とのこと。

金属の詰め物かセラミックの詰め物しかないとドクターより言われて迷っていらっしゃるようでした。

一般的にはそれはそれで正解だと思います。

ただセラミックならもっと削らないといけないと言われていたようです。

この患者さんは若く、神経がまだ大きいので削りすぎると神経が出てしまう危険性がありました。

咬み合わせをチェックしたところ、非常に強大な力がかかるところではないと判断しダイレクトボンディングをお勧めしたところ快諾していただけました。

実際に前の古いセメントを除去してみるとすでに神経が出てしまっていて、なんとかきちんと対処し、ダイレクトボンディングで対応することができました。

22.1.19.2.JPG 
22.1.19.JPG

 

カテゴリー:審美歯科  投稿日:2010年1月19日

上前歯審美障害

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

前々より上の前歯の審美障害を訴えられておられた患者さんの治療を行いました。

前歯のうち2本は昔に神経の治療が施されており変色も著しく内部も虫歯になっておりました。

このためにこれらはファイバーコアとジルコニアフレームのオールセラミッククラウンで対応することにいたしました。

それ以外の歯はホワイトニングで対応いたしました。

これで随分口元が明るくなり、笑顔がきれいになったと思います。


 

 

21.11.27.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

21.11.27.2.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

カテゴリー:審美歯科  投稿日:2009年11月27日