インプラント

インプラント

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

ここ最近インプラントの症例も増えてきています。

 

インプラントはチーム医療だと思っていますので、

ケースによっては歯科麻酔の先生に鎮静法等管理して頂くことも患者さんの安全のためには

必要であると考えています。

 

もちろんインプラントにはデメリットもあります。

良いことばかり謳っているような場合には注意した方がよいでしょう。

すべて納得して頂いたうえでインプラント処置を受けてもらうようにしています。

 

ここ数週間の症例はこのような感じです。

24.5.12.JPG
24.5.5.JPG

24.4.28.JPG

カテゴリー:インプラント  投稿日:2012年5月16日

ブリッジは片方外れても分かりにくい?

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

この患者さんですが、ブリッジが噛むと違和感がある、ということで来院されました。

レントゲン写真を撮ってみると何と片方の歯がブリッジから外れてしまっている状態でした。

 

ブリッジという治療は、文字通り橋をかける治療ですが、

最低でも3本は差し歯がつながっている状態です。

場合によっては、5本とか6本とか長くつながっているブリッジもあります。

その中で1本外れてしまっていても、患者さんにとっては分かりにくい場合もあります。

そして気がつかないうちに外れてしまった歯がだめになってしまうこともあります。

ですから、取れてこなくてもきちんと歯医者さんに行ってチェックしてもらうとよいと思います。

 

この患者さんは結局だめになってしまった歯は抜いて、インプラントになりました。

23.2.5.2.JPG
23.2.5.JPG

カテゴリー:インプラント ,歯科疾患  投稿日:2011年2月5日

やっと上部構造完成

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

この患者さんは、当院にてかれこれ30年近く治療させて頂いております。

今までずっと上下義歯を使用されてきたのですが、

インプラント希望ということで、数年がかりでインプラントの処置を受けてこられました。

この度、右上4本の処置が完了いたしました。

インプラントだけではなく、他の歯の治療もだいぶ古くなってきているところもあるので、

メンテナンスにて全体的に管理していきたいと思っています。

まだまだお付き合いは続きますが、

とりあえず一段落。お疲れさまでした。

CIMG3154.JPG

カテゴリー:インプラント  投稿日:2011年1月6日

歯根破折からインプラントへ

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

虫歯がひどく残念ながら抜歯に至ってしまった方です。

前後の歯はほぼ健全歯なので、ブリッジにするには抵抗があったようで、

インプラントをご希望なさいました。

こういったケースではインプラントのメリットを最大限生かせるのではないでしょうか?

22.10.23.0.JPG
22.10.23.JPG

カテゴリー:インプラント  投稿日:2010年10月23日

インプラントは最善の治療法か?

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

当院では、インプラント治療も行っておりますが

インプラントって結局どうよ

と思っている方もいると思うので、お話します。

 

インプラントを入れると

 入れ歯より、よく噛める

 違和感が少ない

 前後の歯を削ってブリッジを入れる必要がない

 インプラントが植わっている骨が噛む刺激により、強くなる

等の長所がありますが

 インプラントは費用がかかる

 外科的な処置が必要となる

 いい状態の患者さんでないと、結局長持ちしない

 ごく稀にインプラント自体が骨にくっつかない事がある

 治療期間がかかる

 虫歯にはならないが、歯周病のようになって、脱落する事もある

 毎日のお手入れが出来ないとダメ

 喫煙者は向いていない

等の欠点があります。

 

では、従来の古くからある治療法、取り外しのできる入れ歯や前後の歯を削って詰めるブリッジは

悪い、古い治療なのでしょうか?

そんなことはありません。

取り外しの入れ歯は、歯を削る量が少ないため、後戻り出来る治療です。

また、ブリッジは手術不要で入れ歯より違和感は少なくなります。

従って、人により、合う人合わない人がいるのです。

 

インプラントしかダメ、インプラントが最高の治療、インプラントは一生持つ

ということは決してありませんので

きちんと説明を受けられることをお勧めします。

 

  

 

 

 

 

カテゴリー:インプラント  投稿日:2010年10月15日

また右下でした。インプラント

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

本日インプラントのオペがありました。

今回も右下2本です。どういう訳か分かりませんが、先週と全く同じ場所の処置になりました。

患者さんは大変に緊張されていたようでしたが、思っていたよりも比較的楽だったのでしょう。

終了後には笑顔も見られ、まずは一安心、といったところでしょうか?

これで骨としっかりと結合するまで待つことになります。

とりあえずよかったですね。お疲れさまでした。

22.7.3.JPG

カテゴリー:インプラント  投稿日:2010年7月3日

右下インプラント

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

本日、右下インプラント埋入処置がありました。

黒田先生と、今回は麻酔医の元橋先生にも手伝いに来て頂き、処置を行いました。

はじめはちょっと緊張されていたようでしたが、

鎮静法のおかげでスムースに処置を受けることが出来たようです。

何はともあれ処置後のほっとした患者さんの笑顔が印象的でした…。

無事に終わって良かったですね。お疲れさまでした。

22.6.18.JPG

カテゴリー:インプラント  投稿日:2010年6月19日

右上臼歯部欠損→インプラント

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

前々より右上が歯がなく、義歯を長年使用されてきた患者さんですが、

今回右上4本インプラント埋入となりました。

黒田先生と静脈内鎮静法を担当する元橋先生とで対応いたしました。

この方はすでに下顎両側にインプラントが埋入されており、インプラントが自分には合っていると思っていらっしゃったのか、上もインプラントに、ということになりました。

このインプラントが完成すると、上下とも入れ歯を使用する必要がなくなり、患者さんにとってはとても快適になる事でしょう。

22.4.10.JPG

 

 

カテゴリー:インプラント  投稿日:2010年4月10日

ブリッジ、歯根破折→インプラント

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

以前、他院にてブリッジ作成するもその後残念ながら歯根破折を起こしてしまい炎症が止まらず、

当院に来院された患者さんです。

結局破折した歯は抜歯となりインプラントの適応となりました。患者さんの都合で1本の埋入になりました。

レントゲン上では骨の量は問題なさそうですが、CTで実際確認してみると舌側の骨が大きく陥凹しており、この長さがぎりぎりのところとなっています。

いつもお世話になっている麻酔の先生にも御手伝い頂き、静脈内鎮静法にて対応いたしました。

22.2.27.JPG
22.2.27.2.JPG

 

カテゴリー:インプラント  投稿日:2010年2月27日

歯根破折→抜歯→インプラント

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

この患者さんも歯が割れてしまった方です。

噛む力が非常に強くマウスピースを使用してもらうように何年も前から指導していました。

しかしながら、食い止めることは出来ませんでした。

インプラントは問題なく埋入されましたが、上部構造が入ればまたよく噛むことが出来るはずです。

ただ今後とも力のコントロールが重要なポイントになってくる筈です。

22.2.6.2.JPG
22.2.6.JPG

カテゴリー:インプラント  投稿日:2010年2月6日