昔のスタッフが遊びに来てくれました。

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

水曜日に、以前勤めていたスタッフが遊びに来てくれました。

二人とも結婚していて、こちらとしては長く務めてもらいたかったのですが、

出産と御主人の仕事の異動を機会に退職したスタッフたちです。

 

お腹が大きくなっても頑張って働いてくれていたのですが、

二人とも元気な赤ちゃんを連れて来てくれました。

すっかりママになって幸せそうでした。

 

またいつでも遊びに来て下さいね。

 

カテゴリー:院内案内  投稿日:2012年6月1日

どこかにいってしまいました。

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

しばらく前から庭のアケビの木に、ヒヨドリが巣を作って抱卵していたのですが

昨日の朝、二羽でギャアギャアと騒いでいると思ったら

それが最後、さっぱり姿を見せなくなってしまいました。

いつ見ても、巣には親鳥の姿はなく・・。

今朝、巣をのぞいてみた所

何と卵が無くなっていました。

???

いったい何があったのでしょう?

卵はどうなってしまったのでしょうか?

もぬけの殻の巣を見て、皆でしょんぼりしています。

 

カテゴリー:暮らし  投稿日:2012年5月30日

5月の学術講演会

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

昨日歯科医師会の学術講演会がありました。

CAD/CAMセレックのインストラクターを務めていらっしゃる草間先生にお越し頂き

御講演をお願いいたしました。

先月はダイレクトボンディングの高橋登先生、今月はオールセラミックレストレーションの草間先生、

と審美歯科修復についての講演となりましたが、改めて日進月歩の技術革新には驚かされます。

私が学生の頃に教わったものとは全く異なり、日々研鑽していかなければいけないことを実感しました。

 

カテゴリー:研修会  投稿日:2012年5月30日

ヒヨドリの巣

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

先週の終り頃から、庭の木にヒヨドリが巣を作り、抱卵している様子。

ヒヨドリがお出かけしているうちに、写真を撮ってみました。

写真を撮っている間は、卵があるか分からなかったのですが

写真を見ると、何と三つも卵がありました。

無事に孵化するといいですね。

巣は、草や葉、ビニールのひもや、ビニール袋の端等で出来ているようです。

 

 

DSC03208.JPG

カテゴリー:暮らし  投稿日:2012年5月28日

バンマツリ

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

医院周辺の花が、咲き誇る季節となりました。

バンマツリが満開です。

 

photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花の咲き初めは紫色で、その後白くに変化していきます。

いい香りもします。

他に、ゼラニウム、サツキもきれいですよ、。

ゼラニウムはどんどん増えるし、手間もあまりかからないので気に入っています。

 

 

カテゴリー:未分類  投稿日:2012年5月26日

ノンクラスプデンチャー

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日ノンクラスプデンチャーの症例がありました。

 

バルプラスト.JPG

 

このように入れ歯の維持装置となる金属のバネがありませんので、

見た目が大変良好となります。

 

 

バルプラスト2.JPG

パッと見た感じでは、どこが境い目かほとんど分からないと思います。

見た目を気にされる方には最適かと思われます。

ただ入れ歯自体の大きさは通常の入れ歯と比べて

ほとんど同じなので、入れ歯の違和感ということに関しては

あまり変わらないのかな?と思います。

このような入れ歯を御希望の場合には、

かかりつけの先生とよく相談されることをお勧めいたします。

カテゴリー:義歯  投稿日:2012年5月22日

教授退官記念パーティー

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

週末に私が在籍していた講座の教授の退官記念祝賀会に参加してきました。

今から14年前に私がまだ大学院生だったときに就任してこられ、

その後私は大学から離れてしまいましたが何かと気にかけて頂きました。

私はあまり大学のお仕事には貢献できませんでしたが、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にお疲れ様でした。

また、多数のご高名な先生方もお集まりになりお世話になった先生方にもご挨拶をしてきました。

久しぶりにお会い出来た先生もたくさんいて、良かったと思います。

 

カテゴリー:暮らし  投稿日:2012年5月20日

重い歯周病患者ほどメタボになりやすい?

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

こんな記事が読売新聞に載っていました。

重い歯周病を患う人ほど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になる確率の高いことが、滋賀県長浜市民約6000人に対する調査でわかった。

 成人の約8割がかかる「口の生活習慣病」と言われる歯周病とメタボとの関係を一般市民を対象にした大規模調査で明らかにしたのは全国で初めて。17日から広島市で開かれる日本口腔(こうくう)科学会で発表する。

 京都大医学研究科の別所和久教授らが実施。2009から10年度、40歳以上の長浜市民6627人(男性2170人、女性4457人)について歯周病の程度を「0から4」の5段階で評価し、腹囲などによるメタボ診断を行った。

 その結果、程度が「4」と最も重い歯周病患者でメタボの割合(男性21%、女性6%)は、歯周病でない人や「1から2」の軽い患者の数値(同16%、同3%)に比べて高かった。メタボになるリスクは、「4」の歯周病の男性で1・3倍、女性で1・5倍になるという。別所教授は、「歯周病になるとかむ力が落ち、栄養のバランスが崩れるためだろう」という。

最近何かと話題の歯周病ですが、口の中だけに留まらずに体全体に悪影響を及ぼしているんですね。

皆さんもお気をつけ下さい。

カテゴリー:歯科疾患  投稿日:2012年5月16日

インプラント

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

ここ最近インプラントの症例も増えてきています。

 

インプラントはチーム医療だと思っていますので、

ケースによっては歯科麻酔の先生に鎮静法等管理して頂くことも患者さんの安全のためには

必要であると考えています。

 

もちろんインプラントにはデメリットもあります。

良いことばかり謳っているような場合には注意した方がよいでしょう。

すべて納得して頂いたうえでインプラント処置を受けてもらうようにしています。

 

ここ数週間の症例はこのような感じです。

24.5.12.JPG
24.5.5.JPG

24.4.28.JPG

カテゴリー:インプラント  投稿日:2012年5月16日

科学博物館の縄文人展へ行ってきた

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

GWの話になりますが

上野科学博物館の縄文人展に行ってきました。

「縄文人は良く噛んで食べていたから、顎が発達し歯並びもいい」

「虫歯もなかった」

などと聞いていたため、ホントかどうか見てきました。

 

がーん!

歯の根元に虫歯がたくさん!!

しかも親知らずが手前の歯に引っかかってしまっていて、少し虫歯になっている?!

 

確かに噛み合わせの面の虫歯は見当たらない様子。

なぜかというと、虫歯になる前に擦り減ってしまうから。

しかし、歯の根元のところの虫歯がたくさんある。

いわゆる「根面ウ蝕」です。

もしかすると、良く噛むことで歯の根元に応力が集中し、歯が減ってしまったところに

虫歯が発生したのかなとも、勝手に想像しました。

縄文人でよく噛んでいても、いろいろ苦労をしていたんですね。

 

それにしても江戸時代のものは、歯石がたくさん帯状についていて

しかも歯槽骨が溶けているようだったので、歯周病が進行していたみたいです。

 

 

 

カテゴリー:予防歯科 ,暮らし  投稿日:2012年5月15日