重い歯周病患者ほどメタボになりやすい?

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

こんな記事が読売新聞に載っていました。

重い歯周病を患う人ほど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になる確率の高いことが、滋賀県長浜市民約6000人に対する調査でわかった。

 成人の約8割がかかる「口の生活習慣病」と言われる歯周病とメタボとの関係を一般市民を対象にした大規模調査で明らかにしたのは全国で初めて。17日から広島市で開かれる日本口腔(こうくう)科学会で発表する。

 京都大医学研究科の別所和久教授らが実施。2009から10年度、40歳以上の長浜市民6627人(男性2170人、女性4457人)について歯周病の程度を「0から4」の5段階で評価し、腹囲などによるメタボ診断を行った。

 その結果、程度が「4」と最も重い歯周病患者でメタボの割合(男性21%、女性6%)は、歯周病でない人や「1から2」の軽い患者の数値(同16%、同3%)に比べて高かった。メタボになるリスクは、「4」の歯周病の男性で1・3倍、女性で1・5倍になるという。別所教授は、「歯周病になるとかむ力が落ち、栄養のバランスが崩れるためだろう」という。

最近何かと話題の歯周病ですが、口の中だけに留まらずに体全体に悪影響を及ぼしているんですね。

皆さんもお気をつけ下さい。

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2012年5月16日  カテゴリー:歯科疾患