睡眠時無呼吸症候群とあごの大きさ

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

皆さん、睡眠はきちんと取れていますか?

「寝ている時息が止まっている」とか、「いびきが急に止まっている」などと言われたことはありませんか?

睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」は

睡眠不足だけでなく、糖尿病や高血圧、脳卒中や心臓病も引き起こすようです。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20100623.html

 

一般的に、肥満の人が起きやすいと思われていますが、

実は「ためしてがってん」の調査だと、43%が非肥満だったそうです。

そして、その場合の原因は「小さい顎」なのだそうです。

 

当院ではよく患者さんに

「あごは舌を入れるためにある」とお話していますが、

あごが小さいと舌が奥へ押しやられ、空気の通りが悪くなってしまうのだそうです。

 

前歯の歯並びがガタガタの場合は、顎が小さい場合が多いようです。

当院の矯正治療は、歯の生える土台を広げることで

成長の不足している状態を、本来の大きさに近づけることが出来ます。

以前は、「あごをおおきくすることなんて不可能」とか

「あごが大きくなったら顔までヘンになるのでは」

なんて言われていましたが、劣性長を改善していると思っていますし

実際に自分の子供にもやっていますが、ヘンな顔にもなっていません。

虫歯でもない歯を抜くのは歯医者としても忍びないし、

自分の子供であったらなおさらです。

歯並びだけを求めるのであれば、並ばない歯を抜く事に抵抗はあまりないと思いますが

私は、虫歯を削ったり、入れ歯を入れたりという治療も毎日行っています。

「ここに一本歯が残っていれば、入れ歯にならないのに」

と思うことも多々あります。

 

やっぱり、歯は大事だし、あごの成長は正常に近い方がいいと思います。

 

まあ、そんな気持ちで毎日診療をしています。

 

 

 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2012年1月18日  カテゴリー:予防歯科, 歯科疾患