日本食の伝統

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

 

昨日は、

四條司家当代 四條隆彦氏による

噛んで知る日本の「食力」 

というセミナーに参加してきました。

四條隆彦氏は平安時代から1200年続く四條司家の当主であり

庖丁道の伝道や食文化の発展に尽力されている人物です。

https://www.shijotsukasake.com/

 

健康食と海外では評価される日本食が、最近は伝えられていない事を憂いておられました。

本来の日本食というものは、素材のよさを大切にし、淡い味で頂くとのこと。

淡い味付けのものをよく噛んで食べることで

おいしさが脳に入って帰ってくる「返り味」という現象が起こることで

さらにおいしく感じられるとのこと。

 

外食やコンビニ、電子レンジなど楽で便利なものがどんどん増えていますが

家庭での食育も頑張らねばと

主婦として思いました。

 

 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2011年3月7日  カテゴリー:未分類