セラミックインレー

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日、セラミックインレーのケースがありました。

はじめて来院された時は虫歯が大きく、症状もありましたので、

止むを得ず神経の治療となりました。

 

そして神経の治療が終わりまして上に被せる段階になって

白い歯を御希望なさいましたので、セラミックインレーをおすすめいたしました。

 

本来でしたらゴールドインレーをお勧めしたいところですが、

セラミックでも良しとしたのは、

まず虫歯のために歯の多くの部分が欠損していたこと、

その結果セラミックの厚みが確保できたこと、

強い歯軋り・食い縛りの常習者ではなかったこと、

見た目を重要視していたこと、

等が挙げられます。

 

ただセラミック系の材料は必ず破折するリスクがありますので、

特に奥歯に入れる場合は要注意です。

何とか綺麗に仕上がったと思っています。

 

22.11.9.JPG
22.11.9.2.JPG 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2010年11月10日  カテゴリー:審美歯科