噛み合わせが悪いと歯軋りが起こる?

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

少し前の日本経済新聞、健康欄に歯軋りについて書いてありました。

一昔前は噛み合わせは悪いと歯軋りが起こるとされていましたが

現在では噛み合わせと歯軋りの関連は薄いといわれています。

診療していて、よく思うのですが

歯軋りをしていると

歯周病が悪化しやすかったり、知覚過敏が起きやすかったり

顎関節や顔面の不快感が起きやすいようです。

くいしばりもよくないようです。

ストレスや緊張やいろいろなことで歯軋りが起こるようですが

冷えもよくないと思います。

最近、朝晩冷えますから、筋肉が緊張して、肩コリが起こり、顎や顔面に不快感

が出てきやすいと思いますので、身体を冷やさないようご注意ください。

DSC07410.JPGのサムネール画像

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2009年10月14日  カテゴリー:予防歯科