ドライマウス研究会

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

昨日、ドライマウス研究会の研修会に出席し、認定を受けてきました。

ドライマウスというのは、その名の通り、お口の中が乾いてしまう状態のことを言います。乾いてしまうと口の中が違和感を感じたり、痛くなったり、また虫歯や歯周病も悪化すると言われています。

さらにカンジダ菌(カビの一種)も増えやすくなるといわれ、舌や粘膜が赤くなったり委縮してしまうといわれています。

ドライマウスの原因ですが、様々な要因が考えられます。よく言われるのが、シェーグレン症候群を含めた全身的な疾患の影響や薬の副作用や口呼吸、ストレス等とされています。

とにかく口の中が乾いてしまうことは百害あって一利なし、ということだと思います。

DSC01409.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2009年9月28日  カテゴリー:研修会