ノンクラスプデンチャー

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

先日、右上小臼歯部欠損の患者さんのノンクラスプデンチャーをセットいたしました。

他医からの転院の患者さんですが、当初はブリッジ(?)の様な仮歯が入っていてまだ治療途中でした。

インプラントなどの選択肢も踏まえて相談しましたが、結局は「義歯で、」ということになり、ただバネが見えるのがイヤ、ということだったのでノンクラスプデンチャーになりました。

確かに前歯部にバネがかかるとかなり目立ちます。この方は人前で話すお仕事のようでやはり自然な感じでの仕上がりを希望されていました。

最近、ノンクラスプデンチャーはいろいろ話題になっていますが、いい面もあれば、ちょっと扱いにくい面もあると思います。よく先生と相談されてから選択されると良いと思います。

05190002.JPG
05190004.JPG
05190003.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2009年8月11日  カテゴリー:審美歯科, 義歯