まだ乳歯なのに歯列矯正が必要?

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

当院では幼児期からでも始められる歯列矯正治療を行っておりますが

たまに、「まだ乳歯なのに、歯並びを治す意味があるんですか?」

と聞かれることがあります。

歯並びが悪くなる原因の一つに、歯が並ぶスペースがない事があげられます。

当院で行っている、床矯正は、お子様の成長に合わせて、

歯の埋まっている歯槽骨(土台)を広げて、スペースを作る方法です

そのため、乳歯が残っていても、広げていくことで

将来萌出してくる永久歯のスペース確保することができます。

「乳歯をキレイに並べる」事が目的ではなく、

「今後萌出してくる永久歯を考えて先手を打つ」

と思ってください。

 

歯並びが悪くなってから治すより

悪くなる前に場所を作ってあげると、将来抜歯する可能性が低くなり

身体にやさしいと思います。

 

DSC00255.JPG

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2009年6月24日  カテゴリー:小児歯科, 矯正