早く治療したほうがよい反対咬合

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

 

当院では、永久歯が生えそろう前から、歯並びを整えることができる、歯列矯正を行っていますが

今回は、特に様子を見ないほうがいい歯並び(反対咬合)についてお話します。

反対咬合とは、簡単に言うと、下の歯が上の歯より外側に並んでしまっている状態をいいます。

 

乳歯の反対咬合は永久歯に生え換わるときに、改善することもありますが

永久歯が生えてきた時点で、反対咬合になってしまった場合は、

早めに治したほうがいいでしょう。

なぜかというと、上の前歯が下の前歯に押され、正常な成長がおこらず

顔の発育にも影響があるからです。

鼻の下がちょっとへこんだ顔立ちになりがちです。

 

当院では、取り外しできる装置で治療を行っています。

下の症例では、術後、上の前歯が外に出ただけでなく、歯並び全体も改善しています。

左が術前、 右が術中です。

 

反対交合1.JPG


反対交合4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


反対交合2.JPG反対交合3.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2009年5月22日  カテゴリー:矯正