乳歯の歯並び。

三鷹市 ファミリー歯科医院 佐野サヤカです。

今回は乳歯列期の歯並びについてお話します。

DSC02184.JPG
DSC02185.JPG

 

 

 

 

 

 

上の二枚の写真では、どちらが理想的な歯並びだと思いますか?

左の写真は、スキマがたくさんあいていて、心配になってしまうかもしれません。

右の写真は、キレイに並んでいますが、

実は、スキマがあいている方がいい歯並びなのです。(写真左)

 

このスキマは乳歯より大きい永久歯が生えるためのスペースなのです。

 

生え換わりの時期に、このスペースは少し広がるのですが、

もともとのスキマがないと、足りなくなり、歯並びが悪くなる原因になります。

 

最近は右側のようにスキマが閉鎖している場合が多いようです。

軟らかい食べ物、良く噛まない、舌の動きが悪い、など、いろいろなことから、

発達が悪くなるのではないかと言われています。

口もとの発育不良はお顔も発育不良の原因になり得ます。

 

体の発育に運動は欠かせないのと同じく、

口もと(お顔)の発育にもよく噛んだりするお口の運動必要です。

食事の支度をするお母様が、こういういことを少しでも知っていれば、

お子様の歯並び、顔立ちがよりよくなってくるのではないでしょうか?

ただ、そのようなことを注意していても、歯並びが悪くなり、歯列矯正が必要になることもあります。

その時は、御相談下さい。

 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2009年4月28日  カテゴリー:小児歯科, 矯正