POOシステムの長所と短所。(床矯正)

三鷹市 ファミリー歯科医院の佐野サヤカです。

当院では、小児でも成人でもできる、取り外しの装置を使用した、非抜歯矯正(POOシステム)を行っていますが、その方法の長所と短所についてお話します。

長所

1.基本的に歯を抜かない。

2.自分の生活に合わせて治療できる。(お家にいるときだけの装置装着)

3.歯に接着剤で器具を付けないので、歯磨きしやすく、虫歯になりにくい。

4.小児からやる場合は、成長に合わせて出来るので、矯正をやることで、良い顔立ちになる。

5.狭い歯列を改善することで、舌が正しい位置にきやすい。

6.傾斜して生えていた歯が立ってくるので、良く噛めるようになる。全身の健康に役立つ。

などです。

長所があれば、必ず短所があります。

短所

1.本人にやる気がないと進まない。

2.多少痛い。(ワイヤー矯正ほどではありません。)

3.装置をなくすことがある。

4.小児期から行うため、期間はやや長くなる。

短所の「本人のやる気がないと進まない。」というのは、保護者の方が、サポートしてくれることでカバーされます。子供は、まだ子供です。子供の自主性のみに頼ってはいけません。声かけ等、保護者の協力が必要です。

DSC09043.JPGのサムネール画像

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2009年3月28日  カテゴリー:矯正