矯正治療(非抜歯、POOシステム、床矯正)

三鷹 ファミリー歯科の佐野サヤカです。

本日は、歯並びについてお話します。

 

下の写真は、歯の生えるスペースがなく、上の前歯が一本だけ飛び出してしまった症例です。

このままにしておけば、将来は歯を抜いて、ワイヤーをつけた矯正治療になりそうです。

歯列不正に気付いた時から始められる、POOシステムにて治療を開始しました。

 

 
07250006.JPG  術前

  取り外せる装置を使用し、家にいるときだけつけて、治療をすすめました。

約1年8カ月後です。(写真下)

 


6.JPG 

 

 

 

 

歯の生えるスペースができ、並んできました。

まだ、治療は続きますので、もっときれいになってきます。

小児から始める歯列矯正は、成長を見ながらすすめていくため、期間はやや長くなりますが

大切な歯をなるべく抜かずに治すことができます。

取り外せる装置のため、歯磨きもしやすく、虫歯や歯肉炎になりにくいというメリットがあります。

 

歯列矯正をお考えの方は、是非ご相談ください。

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2008年11月5日  カテゴリー:矯正