舌癖(ぜつへき)とは。

三鷹、ファミリー歯科医院の佐野サヤカです。

今回は、舌癖についてお話します。

舌癖とは文字通り、舌の癖ですが、それにもいろいろあります。

いつも、歯で噛んでしまう癖、飲み飲む時に歯と歯の間から舌が出てきてしまう癖、

普段から正しい位置に舌がない癖、なとです。

 

 

 

 

上の写真のように、いつも舌を出していると、右の写真のようになります。

奥歯ではしっかり噛んでいるのに、前歯が噛めなくなってしまっています。

  下の写真は術後です。

  <POOシステム(非抜歯、取り外しできる装置を使用した、歯列矯正治療)で治療後>

 

 

 早期発見、早期治療で噛み合わせも、顔立ちも改善し、全身の健康に役立ちます。

(写真はPOOシステムデンタルアカデミーより)

 

 

 

 

 

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2008年11月14日  カテゴリー:矯正