セラミックの功罪

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

 

先日、海外で入れたというセラミックが欠けた、という患者さんが来院されました。

奥歯に何本か入れたのでしたが、数年で次から次へ欠けていく、とのことでした。

結果的には欠けたセラミックの中は虫歯でボロボロでした・・・。 

 

セラミックという素材は審美歯科の分野では主役の存在です。

変色することもなく、お口の中で安定し長期予後を見込むことのできる良い素材だと思っています。

当院でも良く使用する材料です。

 

しかしながら果たしてセラミックは歯の代わりに詰める材料で一番良いものなのでしょうか?

 

私は決してそうではないと思っています。

セラミックは人を選ぶ材料だと思います。向いていない人もいるからです。

 

「セラミックは金属に比べ削る量も少なく、歯にぴったりと合い、虫歯になりにくい」

と他の歯科医院で言われた、と患者さんから聞いたことがあります。

良いことづくめのように聞こえますが、これは本当でしょうか?

 

確かに表面性状がよく汚れが付きにくければ当然虫歯にはなりにくいはずです。

しかしセラミックのことをよく知っている人ならば、歯にぴったりと合わせ、うまく接着させることが

どんなに難しいことか、知っているはずです。

少なくとも私はセットする時には非常に多くの気を使います。

 

また、私はよく海外在住の方の治療も行うのですが、

海外で詰めてもらったセラミックが欠けてくることが多いのも事実です。

やはり穀物を主食としている日本人に対して

奥歯にセラミックを何の根拠もないまま詰めてしまうことへの危機感を感じます。

削る量も金属に比べて多くなってしまう場合も多いと思います。

これは欠けてしまうリスクを減らすためです。

 

最近メタルフリーという言葉をよく聞きます。金属を使用しない、ということです。

もちろんそれにこしたことはないですが、その患者さんが詰める金属に対してアレルギーがなく、

審美が目的でなければ、より歯の硬さに近いゴールドのようなメタル修復でもいいはずです。

 

ただきちんと適応を選べばセラミック治療はとても良い治療だと思いますので、

メリット、デメリット共に先生によく相談されると良いと思います。

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2010年5月14日  カテゴリー:患者さんへのメッセージ