治って当たり前?

三鷹市、ファミリー歯科医院、院長の佐野真弘です。

 いつの世にもいらっしゃるのですが、治って当たり前だ、と勘違いしている人がいます。

「虫歯になってから治せばいいんだろ」とか、

「歯茎が歯周病になって腫れてから来ればいいんだろ?」という考えの方です。

そういう方ほど、治療すれば全く元の状態に戻り、全く以前と同じように噛めると思っている事が多いです。またそういう方ほど自己管理が不十分で口の中の清掃状態が悪い方が多いと思います。

さらにそういう方ほど「歯医者に虫歯でこの歯を削られた」、「歯を抜かれた」というような表現をします。自分で悪くしてしまったはずなのに・・。

 このような考えは間違いだと思います。

現在歯というものは再生はしません。虫歯で削った部分は別の材料で置き換えるだけです。

これを補綴(ほてつ=おぎないつづる)といいます。

これは治療行為ですが、厳密にいえば歯が元の状態に戻っている訳ではありません。歯周病も同じです。

現在の歯周病の治療のゴールは「進行を止める」ことです。一度下がってしまった骨や歯茎を元の状態に戻すのは容易なことではありません。

最近では再生療法も脚光を浴びていますが、これもあくまでも限られたケースにのみ適応されるべきもので、大半は再生療法の適応範囲外だと思います。

このように虫歯や歯周病というのは生活習慣病であり、治って当たり前ではないのです。

だからこそ予防が大切なのです。

「予防に勝る治療法なし」とよく言われますが、全くその通りだと思います。

当院では予防の重要性を理解して頂いている患者さんを歓迎します。

DSC00082.JPG

三鷹 歯医者 ファミリー歯科|三鷹の歯医者

投稿日:2009年6月9日  カテゴリー:予防歯科, 患者さんへのメッセージ